島津亜矢 歌手介紹 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網日韓歌手島津亜矢歌手介紹

島津亜矢



專輯列表
新聞
歌手介紹
相關影音


島津亞矢(しまづ あや,1971年3月28日-),本名島津亞矢子,是日本的演歌歌手,出生於熊本縣。二葉百合子是他的啟蒙老師,與坂本冬美與石川小百合是師姊妹關係。

除了自己的歌曲外,島津亞矢亦經常翻唱其他歌手的作品,作品範疇不單限於演歌或民謠,就算是J-POP、甚至是如美輪明宏那種藝術歌曲味道甚重的作品,亦能勝任,是一位唱功非常全面的歌手。

經歷

14歲離開故鄉,拜師作詞家星野哲郎。
1986年 - 以「穿著裙子的飄泊浪子」(袴をはいた渡り鳥/星野哲郎作詞)出道。
1987年 - 與坂本冬美、石上久美子結成「抖擻3人娘」(はつらつ3人娘)。
1991年 - 「再唱一次愛染桂」(愛染かつらをもう一度)成為發行量突破30萬張的熱門歌曲。
1994年 - 主持廣播節目「歌うヘッドライト(Headlight)」的個性欄目(到1998年)。
2001年 - 以「感謝狀・給母親的簡訊」(感謝狀・母へのメッセージ)」首度出場NHK紅白歌合戰。
2015年 - 憑其演唱的《獨樂》,獲得了2015年度《日本作詞大賞》中最優秀作品獎,同時相隔14年後再次入選紅白。


回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網


島津亜矢
所有專輯
> SINGER5
>
> SINGER4
>
> いのちのバトン
> 西郷隆盛
> 阿吽(あうん)の花
> SINGER3
> 独楽
> 島津亜矢 2015年全曲集
> 「品川心中」よりお染
> 名作歌謡劇場コンプリートベスト
> 亜矢の股旅・任侠演歌セレクション
> 島津亜矢大全集 2014
> かあちゃん
> 島津亜矢 2014年全曲集
> Singer2
>
> 八重
> 島津亜矢 BS日本のうたVII
> 島津亜矢 2013年全曲集
> 細川ガラシャより お玉
> 島津亜矢大全集 2012
> 島津亜矢 2012年全曲集
> 恋慕海峡
> 悠悠~阿久悠さんに褒められたくて~
> 忠治侠客旅
> 歌路遥かに
> 島津亜矢の男歌・女歌II 男歌篇
> 島津亜矢の男歌・女歌II 女歌篇
> 島津亜矢 2011年全曲集
> Singer
> BS日本のうたVI
> 島津亜矢 不朽の名作集 星野哲郎 艶歌・縁歌・援歌
> 風そして花
> 新内「明烏」より 浦里
> 温故知新
> 波動 亜矢・美空ひばりを唄う
> 亜矢・三波春夫を唄う
> 名調子!島津亜矢セリフ入り股旅演歌名曲集
> 島津亜矢2009年特撰集
> 縁(えにし)舞台
> 日本の昔話「鶴女房」より おつう
> 島津亜矢 BS日本のうたV
> 近松門左衛門原作「冥土の飛脚」より 梅川/坂本龍馬 おりょう
> 名唱コレクション 島津亜矢 海の演歌を唄う
> 島津亜矢2008年特撰集
> 海ぶし
> 鏡花水月
> 村松梢風原作「残菊物語」より お徳
> 勢揃い!島津亜矢名作歌謡劇場
> 島津亜矢 ベストシングル特撰集
> 富士
> 島津亜矢2007年全曲集
> お吉
> 島津亜矢 BS日本のうたIV
> 島津亜矢 寿・まつり歌
> 流れて津軽
> 感謝状~母へのメッセージ~/海鳴りの詩
> 度胸船/袴をはいた渡り鳥
> 島津亜矢2006年全曲集
> 島津亜矢 BS日本のうたIII
> 大器晩成
> 股旅名曲集
> お七
> 2005年全曲集
> 極めつけ 島津亜矢の名作歌謡劇場
> 娘に・・・
> 日本のうたII
> 2004年全曲集
> おもいで宝箱
> 海で一生終わりたかった
> 三波春夫を唄う
> 北海恋唄
> お梅
> 2003年全曲集
> 日本のうた
> 彩-AYA-
> 夜桜挽花
>
> 2002年全曲集
> ご存じ 島津亜矢名作歌謡劇場
> 北海峡
> 波動 美空ひばりを唄う
> 道南夫婦船
> 2001年全曲集
> おさん
> 相生~ふたりの絆はほどけない~島津亜矢 演歌の魂
> 相生〜ふたりの絆はほどけない〜 演歌の魂
> 2000年全曲集
> 演歌の絆
> 都会の雀
> 人生二勝一敗
> 全曲集'99
> 憂き世春秋
> 新版名作歌謡劇場
> 全曲集'98
> おりょう
> 奥尻はいま
> 感謝状-母へのメッセージ-
> 全曲集'97
> お初
> 全曲集'96
> 名作歌謡劇場
> お蔦
> 海鳴りの詩
> 愛・たそがれ
> ベスト演歌~桃色鴉~
> 桃色鴉
> お梶
> 暫存


真実の詩 恋してる恋してる 手を離さなければ フリッパーズ ギター 冷たい土に いいかんじ に合わせて 時の扉 ずっ だけどきっ もう 思い続ければ 引いて 過去も未来も きみ この胸の中 Beautiful 桜の花が散る 狂うよ 君の笑顔 光る ション ション ション ほら 笑ってる ポーランド ふたりがいい