風に吹かれた 歌詞 ゆず ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網日韓歌手ゆず栄光の架橋風に吹かれた

ゆず



專輯介紹
歌詞
專輯列表
新聞
相關影音

ゆず

風に吹かれた

作詞:岩沢厚治
作曲:岩沢厚治

足早に通りゆく人波を かきわけながら歩いてた
思い出す懐かしいあの唄を 小さい声で口ずさんでは

いつも この夜空を見上げる
言いかけた言葉飲みこんで

最終列車に飛び乗って まだ君に間に合うかなぁ
君の記憶の中に そこに僕はいますか?
今 風に吹かれた

過ぎてゆく時の中動いてる あの日の声が聴こえる
違う場所選べずに立ち止まる 同じ朝がどうか来ます様に

更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
誰かのせいにして来た
明日は一体どっちだっけ?

最終列車に飛び乗って まだ君に間に合うかなぁ
君の記憶の中に そこに僕はいますか?
今 風に吹かれた

あまりにも遅過ぎて あまりにも近過ぎて
曖昧で 中途半端だね

見てる景色はどんなだい?
僕は ここにいる
あぁ 今 風に吹かれた…




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網

ゆず
栄光の架橋
所有歌曲
1.栄光の架橋
2.風に吹かれた (修改)



あの時君は 旅の途中 三年たったらここで すべてを ために 君といたら 大人になって行く 永遠に終わらない ただ側に 花火 また会える お似合い 二人 境界の彼方 雪が降ります 吉川ちなつ 続く ロード あの時の二人 本当の声を あなたは ために すかあ 僕たちは るほ