襟裳岬 歌詞 森進一 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網日韓歌手森進一ベスト・セレクション襟裳岬

森進一



歌詞
專輯列表
新聞
相關影音

森進一

襟裳岬

作詞:岡本おさみ
作曲:吉田拓郎

北の街ではもう 悲しみを暖炉で
燃やしはじめてるらしい
理由(わけ)のわからないことで 悩んでいるうち
老いぼれてしまうから
黙りとおした 歳月(としつき)を
ひろい集めて 暖めあおう
襟裳の春は 何もない春です

君は二杯めだよね コーヒーカップに
角砂糖をひとつだったね
捨てて来てしまった わずらわしさだけを
くるくるかきまわして
通りすぎた 夏の匂い
更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
想い出して 懐かしいね
襟裳の春は 何もない春です

日々の暮しはいやでも やってくるけど
静かに笑ってしまおう
いじけることだけが 生きることだと
飼い馴らしすぎたので
身構えながら 話すなんて
ああ おくびょう なんだよね
襟裳の春は 何もない春です

寒い友だちが 訪ねてきたよ
遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網




ありがとうなんて 終わらない旅を れるような まるで月 太陽 息を止めた ゲッチュー ねえ神様 散文的な 僕ら風に吹かれて そして 私 涙 二人 ひまわりの約束 願いが屆くなら おどこ One Two 振り 星の流れに身を 諦めないで 明日が ゆらゆらして 評判 悪い 僕を選 君 その 味は