僕が死のうと思ったのは 歌詞 中島美嘉 ※ Mojim.com
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網 > 日韓歌手 > 中島美嘉 > 僕が死のうと思ったのは > 僕が死のうと思ったのは

中島美嘉



專輯介紹
歌詞
專輯列表
歌手介紹
相關影音

中島美嘉

僕が死のうと思ったのは

作詞:秋田ひろむ
作曲:秋田ひろむ

僕が死のうと思ったのは ウミネコが桟橋で鳴いたから
波の随意に浮かんで消える 過去も啄ばんで飛んでいけ
僕が死のうと思ったのは 誕生日に杏の花が咲いたから
その木漏れ日でうたた寝したら 虫の死骸と土になれるかな

薄荷飴 漁港の灯台 錆びたアーチ橋 捨てた自転車
木造の駅のストーブの前で どこにも旅立てない心
今日はまるで昨日みたいだ 明日を変えるなら今日を変えなきゃ
分かってる 分かってる けれど

僕が死のうと思ったのは 心が空っぽになったから
満たされないと泣いているのは きっと満たされたいと願うから

僕が死のうと思ったのは 靴紐が解けたから
結びなおすのは苦手なんだよ 人との繋がりもまた然り
僕が死のうと思ったのは 少年が僕を見つめていたから
ベッドの上で土下座してるよ あの日の僕にごめんなさいと

更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
パソコンの薄明かり 上階の部屋の生活音
インターフォンのチャイムの音 耳を塞ぐ鳥かごの少年
見えない敵と戦ってる 六畳一間のドンキホーテ
ゴールはどうせ醜いものさ

僕が死のうと思ったのは 冷たい人と言われたから
愛されたいと泣いているのは 人の温もりを知ってしまったから

僕が死のうと思ったのは あなたが綺麗に笑うから
死ぬことばかり考えてしまうのは きっと生きる事に真面目すぎるから

僕が死のうと思ったのは まだあなたに出会ってなかったから
あなたのような人が生まれた 世界を少し好きになったよ

あなたのような人が生きてる 世界に少し期待するよ




[中譯]

曾經我也想過一了百了 是因為黑尾鷗在碼頭悲鳴
隨著波浪隨意的漂浮消失 把過去叼走飛遠而去吧

曾經我也想過一了百了 是因為生日時杏花盛開
在陽光散下樹梢間就這樣睡著 昆蟲的殘骸是否也會變為塵土呢

薄荷糖 漁港的燈塔 生鏽的拱橋 廢棄的自行車
站在木造車站的火爐前 心中卻沒有想要往哪去
今天就跟昨天一樣 如果明天想要有所改變 現在就必須有所行動
我知道 我知道 可是啊

曾經我也想過一了百了 是因為心中空了一塊
感覺不滿足而哭泣的原因 一定是因為心中渴望著豐富充實啊

曾經我也想過一了百了 是因為鞋子的鞋帶鬆了
不太會把東西綁在一起 與人之間的羈絆也亦是如此
曾經我也想過一了百了 是因為少年找到了我
在床上下跪 必須對著當時的我道歉

電腦螢幕的微光 樓上房間的聲音
內線電話的鈴聲 摀住耳朵在鳥籠中的少年
與看不見的敵人戰鬥著 在這窄小房間中的唐吉軻德
反正最後目標一定是醜陋的啊

曾經我也想過一了百了 是因為被冷言冷語所傷
為了想要被愛而哭泣 是因為了解人的溫暖

曾經我也想過一了百了 是因為你燦爛的微笑
整個腦中只想著一了百了 一定是因為對於活著這件事太過認真了

曾經我也想過一了百了 是因為還沒遇見你
像你這樣的人存在這世界上 讓我稍微的對這世界感到喜歡

像你這樣的人存在這世界上 讓我稍微的對這世界有了期待

  1. 感謝 洪駿原 提供歌詞

最佳評論
聽歌的人
謝謝你幫忙翻譯這麼有意義的歌詞



回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網

中島美嘉
僕が死のうと思ったのは
專輯歌曲
1.僕が死のうと思ったのは (修改)
2.Today