Latency 歌詞 大沼パセリ ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > 大沼パセリ > その他 > Latency

大沼パセリ



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

大沼パセリ

Latency

作詞:大沼パセリ
作曲:大沼パセリ

そんなこと分かってる 冷めた街で笑ってる
君と僕の距離は計り知れないな
301で待ってる 無駄に広い部屋で待ってる
覚束(おぼつか)ない段取り 深い溜息

襲いかかる不眠症 現実が悪夢みたいでしょう
生温い布団の中で魘(うな)されている
それでも笑いたいでしょう 明くる日の僕の催眠でしょう
生温い君の中で魘(うな)されている

いつまでもこのままさ
いつの日か絵になるさ
やる気のない風に吹かれて
ゆらゆら進みながら
表面上だけの友愛 忘れてしまった

曖昧にその場しのぎ
汚れたスーツ着て下を向く
擦り減った靴底 消耗の日々だから
ありきたり不安定なメロディーを
君は知っている
擦り寄った足元 鮮明に覚えてる

しくしくしくしく泣いた街を慰めるように
歩幅小さくスローテンポで歩く歩く
無造作の微かな愛情 お金で払いポイしよう
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
歩幅小さく丸くなって歩く歩く

いつまでもこのままさ
いつの日か絵になるさ
やる気のない君につられて
ゆらゆら進みながら
表面上だけの友愛
許してしまった

曖昧にその場しのぎ
汚れたスーツ着て前を向く
擦り減った靴底 消耗の日々だから
ありきたり不安定なメロディーを
僕は歌っている
擦り寄った足元 鮮明に覚えてる

新しい春の匂い
これで何度目だ
久々に感じるよ
君の服の匂い

曖昧にその場しのぎ
汚れたスーツ着て下を向く
擦り減った靴底 消耗の日々だから
ありきたり不安定なメロディーを
君は知っている
擦り寄った足元 鮮明に覚えてる




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞

大沼パセリ
その他
トラックス
1.Latency (修正)


大沼パセリ
全てのアルバム
> スカート
> ave
> 暫存