手纸 歌词 古川慎 ※ Mojim.com 魔镜歌词网
魔镜歌词网
魔镜歌词网日韩歌手古川慎古川 慎 デビューシングル手纸

古川慎



歌词
专辑列表
新闻
相关视频

古川慎

手纸

作词:古川慎
作曲:矢鸨つかさ(Arte Refact)

桜舞う 道を歩く
二人分 声は軽やか

紫阳花と伞を濡らしては
繋いだ手 ずっと

通りすぎる 鸟居の赤も
カフェのドアも 昨日のように揺荡ってる
色褪せて いかないで

どんなに 远くで 梦を描いても
心は 融け合って 海を越えてく
手纸に 书かれた 震える热を辿って
夏の香りと 确かな想い 缀る

云高く 影を映す
溶け出した 君のジェラート

茜色 染まる夕暮れに
金木犀をさがして

通り过ぎた 青叶の迹に
更多更详尽歌词 在 ※ Mojim.com 魔镜歌词网
伫んでる 言えなかった我尽が
揺らめいて 响いてく

どんなに月日を重ねようとも
心は変わらずに そう愿ってる
新しい手纸が 冻える景色を照らす
眠りの渊で 君との日々を

辿り続けた 灯(ちかい)が 消えないように
白い季节 かじかんだ 指が心を 走らせた

どんなに 远くで 梦を描いても
心は 重なって 海を越えてく
手纸に 缀った 确かな热は绝えずに

君を待ってる

どんなに月日を重ねようとも
変わらない 温もりで繋がっている
最后の手纸を受け取った 季节が过ぎ
'ただいま'の声 溢れ出す想い达

ずっと侧に




回上一页
Mojim.com
魔镜歌词网