长い话 歌词 熊木杏里 ※ Mojim.com
魔镜歌词网
> > >

熊木杏里



歌词
专辑列表
新闻
歌手介绍
相关视频

熊木杏里

长い话

作词:熊木杏里
作曲:熊木杏里

17歳の顷は 流行りに身をあずけて
クラブや朝帰りも亲の知らないこと
いつも家に帰ると母は泣きながら
“そんなに家が嫌いか”と里返った声で言った
ノートの一番最后のページに书いた
将来の梦も浅はかなものでした

18になった顷は 恋に恋をして
ままごとの様な暮らしにうぬぼれていた
2つ年上の彼は口グセのように
“そんなに家族が好きか”と分からないことを言った
财布の中身と终电が终わっても
引き止めてくる彼が好きで别れた

19歳の顷は 自分を知ることと
梦を结んでくれた歌に出会った
父は嬉しそうだった ギターで歌ってた
それまでにいない家族が増えたような気がした
三度のメシより好きかと闻かれて
画家を目指したことはお蔵入りになった

更多更详尽歌词 在 ※ Mojim.com 魔镜歌词网
20歳になった顷は やけに悲観的で
それがいい事だと勘违いをした
歌うことがそれほど大事じゃなく思えた
何を言ってみても薄っぺらで嫌だった
ぶつかる前に人を远ざけてた
嘘で始めた笑颜がいつのまにか染み付いた

21になった顷は 人が悲しかった
どこで覚えてきたのか やり过ごし方を知ってた
それでも涙が出る自分が好きだった
右手でふかしているタバコは消せなかった
黒い服ばかり好んで着てた
だれのようにもなりたくなかった

22になってみても それほど変わることはなく
ひとつ変わったことと言えばタバコをやめた
强く思うことはとても难しくて
今もまだ自分を信じきれずにいる

なぜ生きてるの なぜ生きてゆくの
なにもないから なにかになりたい




回上一页
Mojim.com
魔镜歌词网