梵呗 -bonbai- 专辑歌曲 BRAHMAN ※ Mojim.com 魔镜歌词网
魔镜歌词网


魔镜歌词网日韩歌手BRAHMAN梵呗 -bonbai-

BRAHMAN


专辑歌曲
专辑介绍
专辑列表
新闻

 
 
 
 

【 梵呗 -bonbai- 】【 日文 】【 2018-02-07 】

专辑歌曲:
1.真善美

2.雷同

3.EVERMORE FOREVER MORE

4.AFTER-SENSATION

5.其限 ~sorekiri~

6.今夜

7.守破离

8.怒涛の彼方

9.不倶戴天

10.ナミノウタゲ

11.天马空を行く

12.満月の夕



专辑介绍:

激动の时代を駆け抜け、ジャンルの壁を飞び越え、 シーンにおける存在感をさらに高めているBRAHMAN。
5年ぶりとなるフルアルバムで真の境地へ到达。
过去最大级の重みと力强さで、数々の名曲と、己の生き様を4人が叩きつける。

■BRAHMANのパフォーマンスは年々凄みを増している。前作“超克”のリリースから5年の间に全国各地を走り回り、ライブハウス、フェス、被灾地、仮设住宅、ありとあらゆる场所に足を运んだ结果、彼らの周りには何物にも代えがたい仲间が増えていた。

■そんな环境は4人が生み出す音楽にも影响を与えた。BRAHMANの内侧に迫った映画“ブラフマン”の主题歌“其限”をはじめ、平易な言叶で深い心情や豊かな情景を描き出す楽曲がいくつも生まれる一方、怒髪天を冲く势いで怒りを缀った“不倶戴天”のようなハードコアナンバーも吐き出した。彼らが创る音楽はより豊かになった。より深くなった。より多くのこころに届くようになった。その集大成が今作“梵呗 -bonbai-”である。

■5年ぶりとなるフルアルバムを一聴して分かるのは、彼らが自分たちの持ちうる全てをこの作品に注ぎ込んだということ。ここには、ハードコア、パンク、ロック、ブルースなどあらゆるジャンルの音が収まっているが、これを“ミクスチャー'なんて言叶でくくることはできない。しかし、なぜ“守破离”や“不倶戴天”といったこれまでにないハードコアナンバー、“ナミノウタゲ”や“満月の夕”といった胸を打つメロウなナンバー、そして、“AFTER-SENSATION”や“EVERMORE FOERVER MORE”といったメロディックなパンクナンバーが同居し得るのだろうか。考えられる答えがひとつある――実际に鸣っているのは楽器と声かも知れないが、ここではメンバー4人の“己'が鸣っているのだ。今作には、今の时代を生きる平凡な4人の人间が、この5年间を生きてきた証が生々しく刻まれている。彼らが経た苦悩、激闘、喜び、愤怒、马鹿騒ぎ、慈しみ、深い爱情……喜怒哀楽だけでは表现しきれない、あらゆる感情が诘まっているのだ。

■“今夜”、“ナミノウタゲ”、“満月の夕”などを聴けば分かるように、パンクシーン以外にも届きうる音楽を4人が鸣らすようになったことは、今作のポイントのひとつ。盟友と言える仲间たちと共に作り上げた楽曲も自然と増えた。当然ながら、话题作りのためではない。

■今作のタイトルは“梵呗 -bonbai-”。この闻き惯れない言叶を分かりやすくひと言で表すならば、“歌”だろうか。そのこと以上に重要なのは、バンド名の由来にもなっている“梵”という字を冠したことにある。これは彼らにとって、自身のバンド名をタイトルにしたに等しい。それだけのものが込められた作品になったということだ。

■なお、初回限定盘には2015年8月12日に新宿アンチノックにて行われた“尽未来际 ~开辟~”の模様を完全ノーカットで収录する。长年BRAHMANを追いかけてきたファンに“ベストライブは?”と质问を投げかければ、おそらく多くのライブが挙がることだろう。そんななか、“実はあのライブが一番よかった”と言われるのがこのライブだ。この日のライブは2ステージ制で、场内の出入り口付近で缲り広げたグチャグチャのフロアライブから、ステージへ移っての后半戦までノンストップで駆け抜けた圧倒的な一夜となった。このライブスタイル、実は日本が夸るハードコアバンドGAUZEの恒例企画“后ろから前から”のオマージュで、GAUZEのメンバー直々に许可を得て行われたものだ。ラストに披露されたGAUZEの楽曲のカバーで、BRAHMANは彼らへのリスペクトを示した。

■场内すし诘め状态の凄まじい热気のなかで展开したこのライブはスペシャモバイルにて生配信されたが、配信终了直后からリピートを望む声が杀到。“いつかは映像化を”と考えてはいたものの、あの强烈な空気感をどのようにどのタイミングでパッケージしたらいいものか、长い间制作阵を悩ませた。そして、遂にそのときが来た。5年ぶりとなるフルアルバム“梵呗 -bonbai-”、この杰作に付属させてこそ、“尽未来际 ~开辟~”の映像は活きるのではないか。今や伝说となった灼热の一夜が、2年半の时を経て多くのファンのもとへと届けられることとなったのだ。

■リリースの2日后には単独では初となる日本武道馆公演“八面玲珑”を控えており、さらに3月3日からはレコ発ツアー“Tour 2018 梵匿 -bonnoku-”がスタートする。全国35ヶ所36公演に及ぶロングツアーだ。

■“孤高のバンド”と评されることの多かったBRAHMANだが、もはやその言叶には违和感を覚える。人生の荒波に揉まれながら、今を泥臭く生きる4人が、この生々しい音楽を鸣らし、我々とともに歩いていくのだ。