Mojim 歌詞

花束を抱えて 】 【 歌詞 】 合計37件の関連歌詞

アルバム ( ページリンク ) ソング ( ページリンク )( 部分歌詞 )
1 1.A面で恋をして a hey…とびきりのシャツに蝶ネクタイ花束を抱えて今夜君をさらいにゆくよ A面で恋をして泣けそうなヒット曲のフレーズで決めたい夜さ a hey…星空はまるでミラー・ボールクラクションを鳴らして今夜君を奪いにゆ
2 3.シャルル 日の事も消してしまうならもういいよ笑って花束を抱えて歩いた意味もなくただ街を見下ろしたこうやって理想の縁に心を置き去っていくもういいか空っぽでいようそれでいつか深い青で満たしたのならどうだろうこんな風に悩めるの
3 5.夕映えの丘で 下ろした少女は丘の上でひとりいつかと同じ花束を抱えて遠くに昇る太陽が街に光を運んでいくそれをひとり眺めるのが好きだった照らされていく街並みは色を取り戻していく様に生まれ変わった一日を報せている風が吹いて抱えてい
4 5.シャルル 日の事も消してしまうならもういいよ笑って花束を抱えて歩いた意味もなくただ街を見下ろしたこうやって理想の縁に心を置き去っていくもういいか空っぽでいようそれでいつか深い青で満たしたのならどうだろうこんな風に悩めるの
5 2.LOW hAPPYENDROLL--少女のままで死ぬ-- feat.平賀さち枝 ものもはなさないよ鏡に映るあなたがくれた花束を抱えて旅に出るまい上がれ高く知りたい朝の傷あとも世界に今、いのるように撒き散らしたもの以外を続いてくENDROLL交差するENDROLLもういっかい夢をみる運命をさ

6 7.Stay who you are うな不思議なrelaxing space花束を抱えて愛の約束を Stay who you are変わらないままで Promise in loveずっと永遠に今日という日を忘れられないように I kiss you
7 3.シャルル なくなるくらい屑な君の事好きだったみたい花束を抱えて歩いた意味も意味もなくただ街を見下ろしたこうやって理想の縁に心を起き去っていくもういいか空っぽでいようそしたらいつも夢ん中飛び込み逃避が可能残る履歴も記憶も全
8 2.鏡屋さん いでよ一番のサビであなたを待ってるバラの花束を抱えて待ってるわ一番のサビで告白できたらナイフ隠した花束を差し出すの鏡よ鏡よ鏡屋さんわたしのわたしのわたし映し出してねえ鏡よ鏡よ鏡屋さんわたしとよく似た女の子はだあ
9 5.シャルル 日の事も消してしまうならもういいよ笑って花束を抱えて歩いた意味もなくただ街を見下ろしたこうやって理想の縁に心を置き去っていくもういいか空っぽでいようそれでいつか深い青で満たしたのならどうだろうこんな風に悩めるの
10 1.WHITE OUT だっていい届けて確かな呼吸を迎えにゆくよ花束を抱えてホワイトアウトどんな痛みの向こうも眩しい場所があるならハロー声を聞かせてずっと開かないドアを叩いてハロー冷たい惑星の果て近づき合っていく、ふたり終わらない旅が
11 14.シャルル 日の事も消してしまうならもういいよ笑って花束を抱えて歩いた意味もなくただ街を見下ろしたこうやって理想の縁に心を置き去っていくもういいか空っぽでいようそれでいつか深い青で満たしたのならどうだろうこんな風に悩めるの
12 13.シャルル 日の事も消してしまうならもういいよ笑って花束を抱えて歩いた意味もなくただ街を見下ろしたこうやって理想の縁に心を置き去っていくもういいか空っぽでいようそれでいつか深い青で満たしたのならどうだろうこんな風に悩めるの
13 3.スーベニールの花束 けど、スーベニールの花束を抱えて僕らは大人になる。未来だけを見つめてた僕らが迎えた記念日には、スーベ ... けど、スーベニールの花束を抱えて僕らは大人になる
14 7.花束 両手のピースサイン虚しくなるだけ愛のない花束を抱えて大事そうに守ったプライド差し伸べられたその手を拒んで胸を張って生きていくのかい?正しい事ばかり選べないそんなに賢くも進めない誰かの間違いを横目に見てまた一つず
15 7.忘れて花束 花束 作詞 川谷絵音 作曲 川谷絵音急に花束を抱えてきたあなたは瞬きが多くって何故か謝ってばかりの顔を見ながら笑ってたっけ水面を弾いた何かが私の胸にぶつかった瞬間に今日が明日に変わっていくあなたを愛そうとした時
16 2.忘れて花束 花束 作詞 川谷絵音 作曲 川谷絵音急に花束を抱えてきたあなたは瞬きが多くって何故か謝ってばかりの顔を見ながら笑ってたっけ水面を弾いた何かが私の胸にぶつかった瞬間に今日が明日に変わっていくあなたを愛そうとした時
17 5.地球が生まれた日 たちもその胸をふるわせ青い地球目覚める朝花束を抱えて美しくこのままでいてとこの愛を歌うよ美しくこのままでいてとこの愛を歌う
18 21.A面で恋をして 躍るよジルバとびきりのシャツに蝶ネクタイ花束を抱えて今夜君をさらいにゆくよ A面で恋をして泣けそうなヒット曲のフレーズで決めたい夜さ星空はまるでミラー・ボールクラクションを鳴らして今夜君を奪いにゆくよ A面で恋
19 3.地球が生まれた日 たちもその胸をふるわせ青い地球目覚める朝花束を抱えて美しくこのままでいてとこの愛を歌うよ美しくこのままでいてとこの愛を歌う
20 2.Lily Lily2.Lily白い花束を抱えて笑ってる触れる指、唇、こんなにも感じるのに愛される喜びを知り僕はこんなに弱くなってしまったよ世界中が色を失って崩れていく砂のように零れていく君のいない風景はど

21 16.微かなしるし しるし 作詞 山下久美子 作曲 土肥真生花束を抱えて気づかなくて悪かったと言って泣きながら戻ってそしてうんと反省してみせて淋しくて淋しくてしかたなくて泣き崩れうめいた何日もごはんが食べられなくてぐしゃぐしゃにな
22 8.花束を抱えて カラ-フィクションを科学する8.花束を抱えて 作詞 俺 作曲 俺君はどこまで行ってしまったのかな女優になる決意を僕に告げてから「変わらない生活はつまらないの」って「花束いつの日か届けてね」と何ひとつ変わ
23 9.骸 r> 作詞 ナオ 作曲 ナオそして君がやってきた花束を抱えて心引き摺りながら抜け殻オメデトウだからこそ意味がある舞い散る花弁と真実の叫びが僕のカウントダウン「唸れ」「殺せ」一人は慣れてるから見て見ぬフリをしてよどれだけ
24 12.欲望(Original version) この街の夜天使たちが夢を見てるコスモスの花束を抱えて君に話しかける「これからどこへゆこう?」誰も答えられない「これから何をしよう?」誰にも見えない君が欲しい5月のSanta Cruz風もさわやか白い港に浮かぶ古
25 32.五丁目二番地('8082田園コロシアム) らぎ求めてポケットの小銭をはたいて買った花束を抱えて五丁目二番地帰るよ今すぐやさしさ求めて帰るよおまえに安らぎ求め
26 11.告白 ったもう待つのはやめよう Oh今僕は腕に花束を抱えて君を迎えに行く二人で暮らさないか君を連れていきたい僕を見ていて欲しい最期は君だけがそばにいて欲しいあなたといる時の自分がとても好きだといってくれた君がそばに
27 3.告白 ったもう待つのはやめよう Oh今僕は腕に花束を抱えて君を迎えに行く二人で暮らさないか君を連れていきたい僕を見ていて欲しい最期は君だけがそばにいて欲しいあなたといる時の自分がとても好きだといってくれた君がそばに
28 6.花 りも…行き慣れた駅前の花屋で眺めたバラの花束を抱えて…これが君の幸せなら二人はどうして一輪を大切に育てたの?(離れていく…)花びら散る心に咲いた一輪の花ゆっくりと舞落ちていくもう二度と咲く事はないだろう二人の中
29 1.A面で恋をして 躍るよジルバとびきりのシャツに蝶ネクタイ花束を抱えて今夜君をさらいにゆくよ A面で恋をして泣けそうなヒット曲のフレーズで決めたい夜さ星空はまるでミラー・ボールクラクションを鳴らして今夜君を奪いにゆくよ A面で恋
30 19.A面で恋をして(CM Version) ウィンクのマシンガンでぼくの胸打ち抜いて花束を抱えて今夜君をさらいにゆく A面で恋をし
31 9.欲望 この街の夜天使たちが夢を見てるコスモスの花束を抱えて君に話しかける「これからどこへゆこう?」誰も答えられない「これから何をしよう?」誰にも見えない君が欲しい5月のSanta Cruz風もさわやか白い港に浮かぶ古
32 2.告白 ったもう待つのはやめよう Oh今僕は腕に花束を抱えて君を迎えに行く二人で暮らさないか君を連れていきたい僕を見ていて欲しい最期は君だけがそばにいて欲しいあなたといる時の自分がとても好きだといってくれた君がそばに
33 1.告白 ったもう待つのはやめよう Oh今僕は腕に花束を抱えて君を迎えに行く二人で暮らさないか君を連れていきたい僕を見ていて欲しい最期は君だけがそばにいて欲しいあなたといる時の自分がとても好きだといってくれた君がそばに
34 1.パヤタスの空 いつかきっとそこに遠い空を翼広げ明日への花束を抱えて天使が降りてくる光放つ翼広げ大空を静かに舞いながら天使が降りてく
35 12.五丁目二番地 らぎ求めてポケットの小銭をはたいて買った花束を抱えて五丁目二番地帰るよ今すぐやさしさ求めて帰るよおまえに安らぎ求め
36 4.薔薇の棺 作詞 只野菜摘 作曲 田代智一あなたが死んだら花束を抱えて日曜ごとに会いに行こうこれでもう私だけのものに真黒な着物と真直ぐな黒髪ただお墓にしゃがみこんでゴメンネ‥だとか嘘泣き好きよ‥と一言囁き微笑(わら)うあやふやの
37 2.薔薇の棺 作曲 田代智一 編曲 近籐昭雄あなたが死んだら花束を抱えて日曜ごとに會いに行こうこれでもう私だけのものに真黑な著物と真直ぐな黑髮ただお墓にしゃがみこんでゴメンネ..だとか噓泣き好きよ..と一言囁き微笑(わら)うあやふ