【 矢絣 】 【 歌詞 】共有 10筆相關歌詞
魔鏡歌詞網

矢絣 】 【 歌詞 】 共有 10筆相關歌詞

專輯 ( 頁面連結 ) 歌名 ( 頁面連結 )( 部分歌詞 )
1 8.撫子ロマンス そく)遠(とお)い風(かぜ)の中(なか)矢絣(やがすり)の裾(すそ)はけして踏(ふ)まないように強(つよ)く凜々(りり)しく私(わたし)生(い)きていく命(いのち)も惜(お)しくない私(わたし)の女道(おんなみ
2 2.なみだの宿 に湯の街に咲いた恋花矢絣矢絣の似合うほそい娘おまえにはおまえには母の田舎で針仕事針仕事させておきた
3 11.まさか逆様の詩 銀杏難儀桜は楽さ奇抜な椿庭木の際にリスが矢絣(やがすり)狐の寝付き鶏(にわとり)永久(とわ)に田舎儚い咲くな七草竹薮焼けたタイヤを焼いた煙(けむ)さと寒気木炭焚くもコンロ泥んこ田植え替え歌お使い鰹来たら白滝饂飩
4 22.なみだの宿 に湯の街に咲いた恋花矢絣(やがすり)の矢絣の似合うほそい娘おまえにはおまえには母の田舎で針仕事針仕事させておきた
5 5.恋文 ら表書きを書きました夢二の絵の少女真似て矢絣を着ています床にはらはら芥子の花弁窓を染める雨あがりの夕陽朝に夕に貴男様をお慕い申し候拙き文を読まれし後は焼いて欲しく

6 2.なみだの宿 に湯の街に咲いた恋花矢絣(やがすり)の矢絣の似合うほそい娘おまえにはおまえには母の田舎で針仕事針仕事させておきた
7 16.恋文 ら表書きを書きました夢二の絵の少女真似て矢絣を着ています床にはらはら芥子の花弁窓を染める雨あがりの夕陽朝に夕に貴男様をお慕い申し候拙き文を読まれし後は焼いて欲しく
8 2.恋文 ら表書きを書きました夢二の絵の少女真似て矢絣を着ています床にはらはら芥子の花弁窓を染める雨あがりの夕陽朝に夕に貴男様をお慕い申し候拙き文を読まれし後は焼いて欲しく
9 2.なみだの宿 に湯の街に咲いた恋花矢絣(やがすり)の矢絣の似合うほそい娘おまえにはおまえには母の田舎で針仕事針仕事させておきた
10 3.撫子ロマンス ろす今は穏やかな町交わした約束遠い風の中矢絣(やがすり)の裾はけして踏まないように強く凛々しく私生きていく命も惜しくない私の女道けなげな横顔でまっすぐ見つめてたいとしいあのひとは遥かな彼の国にせつない想い出を幾